【釜石市】リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 日本-フィジーを見てきました。



釜石へ。

ラグビーを見に、釜石に行ってきました。

リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 日本-フィジー戦です。

行ってきた今でも、自分より見たかった人がいるんじゃないかな?と思ったりするんですが、仲間の一言に、いつも背中を押されています。

入手したチケットと座席表を見比べながら、これはもしかしたら、奇跡なのかなと思っていました。

当日の朝、盛岡は晴れで。移動中と会場に行ってから、天気の心配をされるお話が聞こえてきましたが、我々が行くなら大丈夫。

必ず晴れる(笑)天気に関してのみ?連戦連勝の我々なので、心配はしていませんでしたし、それと。

みんなが見てくれている。だから晴れる。そんな思いでした。

到着。

会場に着いてみると、一様に^^

あ、涼しい!気温は高いのでしょうが、我々が住む町とは、やはり違っていて。

爽やかな風が、ずっと吹いていました。

三陸鉄道の列車が、出迎えてくれましたよ^^

三陸鉄道の列車

スタジアムが見えてきまして...。ああ、ここがそうなのかと。なんとも言えない気持ちになりました。これが釜石鵜住居復興スタジアムなんだと。

釜石鵜住居復興スタジアム

会場前。

会場前には、こんなものが。先日たまたま、五郎丸さんのインタビューを読んでいたので、お!と思ったり。

会場前

入場!涙を堪える^^;

ウォーミングアップを見ながら、ワクワクが止まらず。

ウォーミングアップ中

国歌斉唱の頃になると、涙を堪えるのが大変で^^; なんとか堪えました^^;

国歌斉唱の頃

白熱の一戦!

試合は白熱!言葉はいらないですね、本当に。

白熱の一戦

白熱の一戦

ノーサイド。見上げた空には...。

ノーサイドは、あっという間にやってきました。いい試合でした...。感動しました。

ノーサイド

見上げるとそこには、トンビとたくさんのトンボ。ああ、やはり。みんなで見ていたんだな...。一緒にプレーしてたのかな...。

トンビとたくさんのトンボ

釜石は、オラの故郷。

故郷の山・川。見えないけれど、心の中にいつもある海の姿。

故郷の山河

故郷の山河

この場所でも、家に帰ってからも。同じ思いを持っていました。

目に見える色、風の匂い。自分の故郷は、やはり釜石なんだなと...。

帰ってきてから、昔のことをいっぱい思い出しました。忘れていたことに、スイッチが入ったようです。

遠くに行ってしまった友達に、いい報告ができたかもしれません。

背中を押してくれた仲間に、心から感謝しています。

次はここに、いつ来れるかな...。

そんな思いを持ちながら、帰途に就きました。

【釜石市】リポビタンDチャレンジカップ パシフィックネーションズ2019日本ラウンド 日本-フィジーを見てきました。でした。それではまた、お会いしましょう^^

また読んでいます。