【岩手県立美術館】タータン 伝統と革新のデザインに、行ってきました。



ご無沙汰しています(笑)

相変わらずの、亀更新ですが^^;

毎度毎度、枕詞が「ご無沙汰しています(笑)」ってのも、いい加減にしろって話ですが(笑)

ご無沙汰しています^^

新しい時代を迎えるのが、ゴールデンウィークでしたけど、私はいろいろな予定がありまして、充実した期間になりました。

自分の時間は、あっという間に過ぎていきますし、出来る限り、思ったようになったらいいなあと思う日々です。

岩手県立美術館 タータン 伝統と革新のデザイン。

時間が作れたので、岩手県立美術館で開催されている、「タータン 伝統と革新のデザイン」に、行ってきました。

チラシを見まして、タータンのアフタヌーンドレスに惚れまして^^

ぜひ、間近で見られたらなあと思っていました。

このドレスを、実際に見た感想は、ただただ、すごいなーでしたね。

タータンは、身に着けることで、その人の出自や所属を示すようになったものなんだそうで、スコットランド・タータン登記所には、8,000種類以上のデザインが登録されているのだとか。

今回、その一端に触れたわけですが、織物ってやはり、素晴らしいものですね。

歴史と文化は、継続なんだなと、改めて感じた次第でした。

今回の企画展には、フォトスポットがありまして。SNSでシェアしよう!って、ことでしたけど、私はブログで発信しました(笑)

フォトスポット

こんな素敵な、ソファがあったり。

タータンのソファ

このフォトスポットで、一枚の大きく長いタータンを、折りたたむようにしながら着せてくれる、実演がありました。

じっくり見させていただきましたが、昔の人の知恵は、本当に素晴らしいなあと思いました。

今回の企画展には、伝統と革新のデザインという表題が付いていますが、本当にそうでしたね。

いいものを、見させていただいたなと。感謝の気持ちでいっぱいです。

この企画展は、以下のスケジュールで開催されています。まだもう少し、見られる機会がありますので、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

会期:2019年4月13日(土)から5月26日(日)
会場:岩手県立美術館 企画展示室
開館時間:9:30から18:00(入館は17:30まで)
休館日 :月曜日

イベントの詳しいことは、リンク先と画像をご覧ください。

リンク:タータン 伝統と革新のデザイン | 展覧会-企画展 | 岩手県立美術館

※画像を拝借しましたm(_ _)m
】タータン 伝統と革新のデザイン
】タータン 伝統と革新のデザイン

【岩手県立美術館】タータン 伝統と革新のデザインに、行ってきました。でした。それではまた、お会いしましょう^^

素敵なタータンのマフラー。