【盛岡市】「生誕100年海野経の世界」+交友の作家たちが開催されています。



雪がないと、それはそれで悩ましく。

盛岡に住み始めてから、こんなに雪のない冬は、初めてだと思います。

歩きやすいということは、自転車でも走れるわけですが、危ない方もいまして。

あまり飛ばさないでほしいなあとか、歩道を走るなら、もう少し気をつけてほしいなあとか。

いろいろ考えますが、法律を見ますと、まあ、悩ましいというのか...。

形骸化しているように思えますが、一応決められたことがありますから、確認してみたらと思いますね。

自転車で歩道を通行できる条件は?歩道や自動車道の走り方まとめ | 電動アシスト自転車 | パナソニック公式通販サイト - Panasonic Store

車つながりで、自動車も雪がないと、いろいろあるようでして...。

駅前に一時停止の場所があるのですが、最近一時停止をしない自動車を、時々見かけるようになりました。

混雑緩和のために、あそこは変わったと記憶していますが、くれぐれも気をつけてほしいなと思っています。

直線で、左方優先だと思っているのかもしれませんが...。

「生誕100年海野経の世界」+交友の作家たち。

「生誕100年海野経の世界」+交友の作家たちが開催されています。

日時:平成31年2月16日(土曜日)から平成31年3月10日(日曜日) 10時から17時まで
場所:盛岡市民文化ホール 展示ホール
※月曜日は休館

海野経さんといいますと、盛岡出身の画家で、私はふたつの印象深い作品を覚えています。

ひとつめは、昭和の時代に開催された、岩手国体の聖火台ですね。

あれは確か、岩手県営運動公園にずっとあって、平成の岩手国体の時に、移設されたんだったような。

ふたつめは、海の姿を描いたもの。

盛岡市のホームページに掲載されていますが、三陸の冬という絵を見ながら、美しい景色を思い出しています。

入場無料ですので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけたらと。

私も時間が取れたら、行ってみようと思っています。

イベントの詳しいことは、リンク先をご覧ください。

リンク:「生誕100年海野経の世界」+交友の作家たち|盛岡市公式ホームページ

※画像を拝借しましたm(_ _)m
海野経

【盛岡市】「生誕100年海野経の世界」+交友の作家たちが開催されています。でした。それではまた、お会いしましょう^^

話題の南部鉄器、南部鉄偶です^^




関連記事