【盛岡】企画展「中村家と町家」 盛岡市中央公民館にて。



完全に不定期になってしまって、ますます役に立たないブログになっていますが、時間が空いたら書いていこうと思っています。

盛岡はもう晩秋といった具合で、里にも紅葉が降りてきています。風の強い日もあり、空を見上げれば、薄い青。こうやって空の青が薄くなっていき、一雨ごとに秋が深まり、冬を迎える。

何度も同じ光景を見て、もう何十年も経ちました。その間に自分も歳を重ね、周りから多くの人が去っていってしまったあの日。あと何回見られるのかななんて思うと、どんなことがあっても、凹んではならんぞ!という叱咤の声が、聞こえてくるようです。しょぼくれんな、男がすたるぞと...。

少しずつでもいいから、前に進みたい。「前へ」 これも教えてもらった言葉でした。

被災の保育園…新築し認定こども園で再出発 | 河北新報オンラインニュース
W杯釜石スタジアム10億円不足 市の整備試算
盛岡・あさ開で第1回新酒まつり開催へ 新酒の限定販売も - 盛岡経済新聞


企画展「中村家と町家」が、開催されています。

日時:平成27年9月25日(金)~11月23日(月) 9:00から17:00
場所:盛岡市中央公民館 企画展示室

先日恒例の、もりおかぶらぶらをしていまして、たどり着いたのが盛岡市中央公民館でした。アートフェスタやってんなあと思いつつ、中に入ってみると、企画展をやっています。

中央公民館には、国指定重要文化財の、旧中村家住宅があります。どうやら見学できるようでしたが、時間が遅くなりつつありましたので、やめました。お願いすれば見せていただけるようですので、行ってみてください。

中村家は伝統的な商家で、南部紫根染を、一手に商っていたそうです。今回保有している貴重なものが展示されていましたが、久々に心が震えるような感じがしました。羽織にうさぎがあしらってあり、小粋な感じ。きっとおしゃれな方だったんだろうなあと思いましたし、皮の羽織なんて、初めて見ました。

また、紫根染を使った椅子など、おおと思うような品ばかりです。これが入場無料で開催されていますので、来月からのライトアップの時間より早く出かけて、見学するといいと思います。

大きな災害や戦禍を被らない町は、いろんなものが残っていますね...。これからも大事にしてほしいなと思いました。

企画展




関連記事

0 Comments

Post a comment