釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2012年07月06日 (金) | 編集 |
岩手のイベントとしていますが、全国どこでも参加可能なイベント、
未来に繋ぐ線香花火ナイトのご案内です。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送 絆いわて~ふるさとは負けない!
岩手県立図書館 東日本大震災情報ポータル
東海新報紙面データ
岩手日報 <特集>3.11東日本大震災 ~立ち上がろう岩手~
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
東海新報コラム 世迷言
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/「奇跡の一本松」保存、世界中から募金を 陸前高田市
河北新報 東北のニュース/「やりがいある」 WBCSフライ級・佐藤、8日初防衛戦
大船渡中の友情忘れない 間借りの赤崎中お別れ会
創業地近くにマイヤ開店 大船渡、集会スペース併設
釜石から官邸へ七夕飾り 仮設124人の願い届ける
盛岡タイムス Web News 音声情報の提供開始 shiwa.tv ライブカメラ活用も検討
仮設と駐車場の間に橋…大槌の団地で取り付け : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
震災後の子供の心ケア、仮設診療所あす開設 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
東日本大震災:宮古商高生、復興応援ミネラルウオーター販売 6市町に義援金51万円 /岩手- 毎日jp(毎日新聞)
高田町、がれきに大量の日の丸? 赤い円が描かれるわけは 東海新報



3.11の悲しい出来事を、線香花火とともに語り継いでいく。
そんな風習を作っていこう。追悼のイベントです。

政治家などは既にこの出来事を忘れているようなのがいますが、
現地にお住いの方々や、自分のように現地の状況をずっと見てきた人は、
一生忘れられないこと。それが3.11です。忘れられるわけがない。

太平洋戦争を見てもわかりますが、経験していない人は何の
意識もなく、経験された方が鬼籍に入れば、風化してなかったことの
ようになってしまいます。

日本は地震の活動期に入っていますから、これからいつどこで大きな
災害が降り掛かってくるかわかりません。例えこれだけ大きな被害が
あった東北地方でも、またすぐに大きな地震がないとは、誰にも言え
ません。

しかし長い年月の中で、今までもそうであったように、人は必ず
忘れるものですし、世代が変われば今ひとつピンとこないのも事実
でしょう。

ですから文化的な側面を持ったイベントを継続的に行なっていけば、
きっとそのことが次の世代に語り継がれていく。そういう素晴らしい
試みです。

詳細はホームページからご確認いただきたいのですが、要約しますと、
     
  • 2012年7月7日、8月11日の19時30分に全国で一斉に点火
  •  
  • 7月7日・・・七夕の夜、地上の線香花火の天の川をお空の上から見てもらう。
  •  
  • 8月11日・・・月命日、線香花火に火を灯し、お迎えをする。

今週は仕事が忙しく、盛岡にいなければいけないので、家の前で
線香花火をやろうと思っています。



今日の時事ゐ放談です。

今起きていることに、たぶんみんなすっかり騙されているんだろうなと
思っています。離党するだのしないだの言ってる人も、たぶん本当のことを
知らされていないんだろうなと。哀れなものです。

政治に限らず、大人の人は特に自分のやったことに責任を持たなければ
いけません。国会事故調が福島原発の事故を、人災だとしました。
多くの国民もそう思っていたことでしょう。しかし政府は何の反応もなく、
野党もダンマリ。裏に何があるかを、如実に語っていると思います。

今の閣僚の中には、その時点で内閣にいた人間がいるわけですし、
総辞職もあり得る話なのですが、責任を取ろうとはしていない。

今回もマニフェスト破りを平然と行ったのに、意味の分からない強弁。
自分もそれなりに政治の世界を見てきましたが、過去にこれはひどいと思った
平成17年の郵政民営化関連法案が参議院で否決された後の衆議院解散と匹敵する
暴挙を延々と繰り返しています。

今はいろいろな意味で過渡期というか、大変動の最中なんだとは思います。
原発再稼働に反対するデモを見ていても、今までとは全く違う動きが出てきて
いますね。

このままいけば、既存のやり方に全てノーを突きつけて新しいやり方に
変わっていくか、今よりもお上が締め付けていくか。どちらかになるのかも
しれません。

今はデフレです。政治家や官僚は、放置しています。一番簡単なデフレ脱却
方法は、公共工事になります。何も無駄な箱物を作れというのではなく、
橋の補強とか道路の整備とか、耐用年数が過ぎて危ないところは、全国どこに
行ったってあるわけです。もちろん復興は第一条件ですから、どんどんやって
いかなければいけません。

やるとすれば、建設国債を出すことになるんでしょう。借金が膨らむという人も
いますが、それは違いますね。工事をすれば、インフラが整います。雇用も
増えます。給料が出ます。将来に不安がなければ、消費が増えます。
企業は儲かり、税収が増えます。そして結果的にデフレが解消します。借金だけが
残る、赤字国債とはわけが違うんですよ。ちなみに建設業は派遣使えませんからね。
どうもやってるフシがあるらしいですが、この取組とセットでぎっちり取り締まる
べきでしょう。

この簡単なことを何故やっていないかを、ひとりひとり考えないといけないん
でしょうね。震災があってから、釜石道や三陸道の工事を積極的にすることに
なりましたが、何故今まで進まなかったか。この理由と併せて考えて欲しいです。

自分は当事者じゃありませんから、偉そうなことは言えないのですが、
釜石や大船渡の湾口防波堤には賛成できないんですよね。いくら公共工事を
やると言っても、ここに多額のお金をつぎ込むよりは、高台の移転費用や
整備に回せばいいと思います。

今回の震災で、防波堤はそれなりの効果があったのかもしれませんが、
受けた波は周りの海岸に分散して、不幸なことも起こっています。

この頃は、気仙沼によく行っています。あちらでも県の決めた防波堤に
ノーを言いましたね。海で生きている人たちの仕事がやりやすいように、
観光のためには景観が良いほうがいい、そして防波堤があるから避難しないと
いう、間違った認識を生むこともない...

超大型防波堤を作るより、その費用を防災タワーや避難路、充実した
避難施設、高台の整備や移転費用に充てる。私はずっとそう思っていましたし、
私が話をした現地の人は、殆どがそう言っていました。

まちづくりは住む人が行なっていくものだと思います。何があっても
どうせ責任を取らないんだから、やりたいようにやらせてあげてほしいと
思います。民意優先はポピュリズムでいいものを生み出さないとか、
お前らレベルで何が出来るのよ?と言いますが、やらせてもいないで
何がわかる。お前らに任せていたら、いつ出来上がるかもわからないじゃ
ないか。何もやる気がないなら、邪魔はするな。

何度も言いますが、町は住む人の考えで作っていくべきだと思います。
利害関係があるのはわかっていますが、こんな時に金儲けばかり考えている
奴は、最低だと思いますよ。

人々が望む街を作り、今回の線香花火のイベントのようなことを通して、
心の防災も形作っていく。そうなってほしいですし、そうなると自分は
強く信じています。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック