釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2012年03月28日 (水) | 編集 |
三陸・大船渡 第15回つばきまつりが開催されています。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
岩手日報企画「12市町村 復興計画を見る」
岩手日報企画 「再興への道」-いわて東日本大震災 検証と提言
河北新報 東北再生あすへの針路
連載 3.11 その時 そして
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/宮城・岩手で震度5弱の地震 M6.4、余震依然活発
河北新報 東北のニュース/釜石市、連絡会設置へ 鵜住居防災センターへの避難者犠牲
河北新報 東北のニュース/放射性セシウム 岩手3市町の川魚、新基準値上回る
河北新報 東北のニュース/「みちのく魂」貫いた 佐藤選手WBC王者に
河北新報 東北のニュース/岩手県 津波「多重対策」を明示 地域防災計画見直し
強い揺れに沿岸部緊迫 住民が一時自主避難
災害応援協定を締結 盛岡市と沖縄・うるま市
生活復興、実感なし56% 県が初の被災者調査
ネットラジオ28日開局 葛巻・森と風のがっこう
県内被災事業所の73%が再開 水産遅れ、業種で格差
【釜石】新校舎候補地は中心部 鵜住居小と釜石東中
【田野畑】待望の「津波対策門」 10年がかりで完成
災害住宅 家賃2万円前後 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
震度5弱 沿岸再び緊張 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
朝日新聞デジタル:避難の徹底、マニュアル整備を 釜石市-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:順調 稚ウニの生育 洋野町-マイタウン岩手
朝日新聞デジタル:復興の進み具合に南北格差?県、調査-マイタウン岩手
東日本大震災:新年度から山田町、「被災者情報係」を新設 居所把握へ専従職員 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
捜査情報持ち出し:県警、警部補を停職処分 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
社会人野球:「企業」参入で活気 関東自、チーム設立 日本選手権から活動本格化 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)



盛岡に住んでいると、椿を見ることはそう多くはないのですが、釜石で
生まれ育った自分にとっては、懐かしく感じる花でもあります。

自分は松原町で生まれ育ちましたので、白山小学校に通っていました。
毘沙門神社の階段を登っていくと、椿が咲いていました。学校帰りに
実を拾っては、ナイフで穴を開けて、笛のようにして吹いたものです。

今年の春は、岩手デスティネーションキャンペーンが開催されます。
おっさん世代ですと、詩情豊かな岩手路のキャッチコピーを思い出すわけ
です。

私が釜石市を離れた時、釜石駅では山口百恵さんのいい日旅立ちが
かかっていました。先に東京へ旅立つ私を見送ってくれたのは、
高校の友達一人でした。あいつは今どこで何をしているんだろう...
百恵ちゃんは美しいなぁ...



前置きが長すぎましたが、大船渡のつばきまつりは、世界の椿館・碁石で
4月15日まで開催されています。入場料は一般・高校生が500円、中学生300円、
幼児は無料です。

詳しくは、以下のホームページをご覧下さい。


ちなみに被災地支援金つき復興ツアーというものがあるようです。
陸前高田・大船渡号は厳美渓温泉→一ノ関駅→陸前高田市→
大船渡市→碁石海岸→穴通磯→おさかなセンター→えさし藤原の郷→
花巻温泉→盛岡駅を巡ります。

陸前高田市では震災語り部ガイドがあります。料金は大人4,800円、
小人3,800円で、500円が復興応援として寄付されるようです。

詳しくは岩手県交通 019-651-3355までお問い合わせください。

被災地支援金つき復興ツアー


昨日の地震はビックリしました。古家に住む私には、震度4には
思えませんでしたね。長かったですし。緊急地震速報が間に合いません
でしたから、揺れながら久々に聞くあの音に、緊張しました。
家のボイラーが緊急停止していましたので、やっぱり震度5弱だったのかなと。

いみじくも、おととい書いた大きな地震がやってきたわけですけど、
これからずっと東日本大震災の余震は続いていくことになるのでしょう。

超巨大地震のあとには、近くの火山が噴火することも多いといいます。
局所破壊が起きれば、死亡者は津波の比ではありません。

安心安全も結構ですが、想定外では済まされません。高をくくるのは
結構ですが、そんな時にどのような避難行動を取ればいいのか、
明確に示してもらいたいものです。

もっとも自分の場合は、もうどうするかは決めて家族にも話してあります
けれど。教科書にもようやっと、防災が載るそうです。大多数の大人よりも、
学校で勉強していく子供のほうが、防災に関しては詳しくなっていくでしょう。

何かあった際に、大人が行動の足かせになってはいけません。自分への戒めでも
ありますが、防災についてもっと学んでいこうと思っております。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック