釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2011年09月09日 (金) | 編集 |
岩手のニュース 2011年9月9日です。

YouTube岩手日報チャンネル
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)@ウィキ
岩手県内の避難所にいる方々の名簿
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
【なでしこ】岩清水選手の日の丸展示 被災地励ます - MSN産経ニュース
正しい投票終了時刻 掲示板に訂正シール : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
陸前高田に多目的ホール : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
岩清水選手 祖父母ら歓喜 : 岩手 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
asahi.com:選挙公報の時間に誤り、問い合わせ殺到-マイタウン岩手
asahi.com:国体に釜石の高炉の火を採火、山口国体-マイタウン岩手
asahi.com:候補者、仮設を続々訪問 山田町議選-マイタウン岩手
河北新報 東北のニュース/復興の願い込め、ユニホームを新調 釜石SW
岩手県立図書館で企画展「世界の平泉へ」−「平泉を伝えた人たち」を紹介 /岩手 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース
東日本大震災:津波サイレン、毎月11日に 「教訓後世へ」−−大船渡 /岩手 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース



子供から聞いていたので、盛岡の学校で放射線量を測定しているのを知って
いましたが、その結果が盛岡市のホームページに載っていました。

学校施設などにおける放射線量調査の結果をお知らせします。

この話の前に、自分が考えるところを書きます。

まず、群馬大学早川教授がまとめてくださった、放射能汚染地図(三訂版)
ご存じの方は多いと思います。

岩手県の各測定地点の値は、岩手大学が頑張って調査してくれた、地図があります。


大きな地図で見る

それから最近コッソリ発表された、福島第一原子力発電所事故に伴うCs137の大気
降下状況の試算- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
というものがあります。これを見れば、岩手県でもセシウムが降下したんだろうと
思いますよね。他の核種はわかりませんが...



また、県、周辺市町村も調査へ 滝沢でセシウム検出と言う報道が5月にありました
から、予測は概ね合っていたんだなと思うわけですが、私がわからなかったことが、
何点かありました。

  1. 測定器の精度はどれぐらい正しいのか。
  2. 線量は24時間測って平均を出さなければ、本当のところはわからないのではないか。
  3. 周辺国で核実験が行われていた頃の線量は、どのぐらいだったのか。
  4. 原発事故前の、線量はどのぐらいだったのか。
  5. 水産物の測定結果はどうなっているのか。
  6. 細かいレベルでの状況は、結局わからないのではないか。そこまで詳細な調査はしていない。
1に関して言えば、行政機関での測定機器はきちんとしたものでしょうから、
そこは100%でないににしても、信用するしかないですね。
シンチレーション式サーベイメータって、低線量のデータを測るものらしく、
性能も様々のようですが、モニタリングポストの原理に近いそうですから。

2は学校での実現は困難かもしれませんが、やれないこともないような気がします。

3と4についても、私の調査能力ではわからないのですが、こんなデータが
公開されています。

主要穀類および農耕地土壌の90Srと137Cs 分析データ一般公開システム

白米を見たのですが、私が生まれた頃の濃度は高く、最近はかなり低かったのが
わかります。

5番については、一応検査はしているようで、公表されていますね。



海は広いですから、なかなか難しいとは思いますが、これで充分と言えません。
内臓や骨を取って計測しているとも言われていますが、それでいいとも思えません。

問題の6番ですが、盛岡市は頑張って調査してくれたようで、謝意を表したいと
思います。しかし、注文をつけさせていただけるなら、最低限2点はお願いしたいと
思います。

  1. 除染の対象が1.0マイクロシーベルト/時になっているが、これをもっと低くできないか。
  2. 除染範囲を広げられないか。
1に関しては、関東付近の自治体では独自の基準を用いて運用しているそうで、
例えば埼玉県和光市では、0.19マイクロシーベルト/時を暫定基準値としています。

放射線量暫定基準の設定及び小中学校・保育園の対応について

モニタリングポストの高さがわからないので、何とも言えませんが、他にも
低い基準を設けている自治体もかなりあります。

国や県の対応を参考にするのは、正しいかもしれませんが、独自に動く
自治体も増えております。基準の見直しを、再考していただきたいものです。

2に関しては、こんな例があります。

放射線量の測定予定や測定結果について

葛飾区では、保育園、公園等の砂場及び運動場を対象に調査を行って、
毎時0.25マイクロシーベルト以上の数値の出た施設については、砂の
入れ替えをしたそうです。

なかなか難しいのだと思いますが、子供が普段遊ぶ場所の除染を
積極的に行ってくれる自治体もあります。

除染した土をどこに持っていくか、それは秘密なのかもしれませんし、
民間人が口を出すことでもないのかもしれませんが、除染に人手が
必要なのでしたら、私は参加したいと思います。

風評云々の話がありますが、それよりも大事なのは、汚れてしまった
部分は綺麗にして、安全に暮らす努力をすることなんだと思います。
自分は家庭菜園もやっていますし、岩手県産のものもバンバン食べていますが、
これからを担う人たちのため、一次産業の今後のためにも、やれることは
是非やってほしいと思っています。

できればご一考願いたいと思います。岩手県の他の自治体の調査状況等に
つきましては、近いうちに調べて、ここで報告したいと思います。

関連記事
テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック