釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2011年04月04日 (月) | 編集 |
岩手のニュース 2011年4月4日版です。
岩手県内の避難所にいる方々の名簿
IBC岩手放送安否情報
東北関東大震災関連リンク集 岩手県立図書館
東北地方太平洋沖地震:釜石市・大槌町情報 - トップページ
東海新報紙面データ
津波てんでんこ
河北新報 東北のニュース/津波の高さ湾の向きで差 東北大講師「相関関係示す典型」
宮古・田老は37.9メートル到達 史上最大級の津波に
仮設住宅内部を公開 陸前高田市、10日ごろ入居
郷土の星、被災者激励 新沼謙治さんと村上弘明さん
「逃げる意識」培い被害最小限 宮古・角力浜町内会
高台に住み続け全世帯無事 陸前高田
【大船渡】卒業生がランドセル480個 大船渡小
東日本大震災:釜石の町内会長、変わり果てた故郷を記録 「後世に」 /岩手 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
耐えて残った「希望」1本 陸前高田・高田松原 (河北新報) - Yahoo!ニュース
県内35避難所が津波で浸水 行政予測上回る


「津波の威力は地震の規模だけではなく、震源と湾口の位置関係で
大きく変わり、今回の津波でも、その傾向は顕著」と書かれてありました。

地震があった時に、震源はどこだと考える余裕などはありませんが、
大きな地震があれば、てんでんこに逃げなきゃいけないことを、今回も
思い知らされた気がします。

昔と違って、色々なところで記録に残すことが可能になっている現代ですから、
将来に渡って記録と記憶に残していかないといけません。

私は自分の子供達に、きちんと伝えていこうと思います。

日曜日の朝だったと思いましたが、NHKラジオに群馬大学の片田先生が出演されて
いました。じーっと聞いていましたが、無念さが伝わってきて、思わず涙ぐんで
しまいました。

片田先生は釜石市の防災・危機管理アドバイザーをされています。先生に教えられた
子供たちは、幸運だったのだと思います。

これからを担う子供たちは、この経験を次の世代に伝えていって欲しいと思います。

片田先生は、釜石市の児童・生徒への就学支援を呼びかけていますので、
リンクを貼ります。ご賛同いただける方は、是非協力をお願い致します。

釜石市の児童・生徒への進学・就学支援のお願い





関連記事
テーマ:東北地方太平洋沖地震
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック