釜石生まれで盛岡在住の男が、岩手のニュース・イベント・観光・スポーツを紹介します。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
| Login |
2017年12月16日 (土) | 編集 |


曇った空を見ながら、晴れ空を思います。今年の冬は、雪が多くなるのかもしれませんね。

あちこち体が痛む季節ですが、更にまた一箇所追加されてしまいまして^^;

湿布の匂いに、冬だなあと思います(なんだそれ^^;)

盛岡市先人記念館で、盛岡の古町名展番外編「盛岡駅かいわい」が開かれています。

開催日時:平成29年12月9日~平成30年2月18日(日)
※入場料金は、ホームページでご確認ください。

盛岡の古町名展番外編「盛岡駅かいわい」- 盛岡市先人記念館

現在盛岡駅のある場所は、遠い昔、厨川村平戸と呼ばれた場所で、城下から遠いこともあって、田んぼだったそうですね。

どの町でもそうですが、古地図は面白く、その土地がどんな変遷を辿ってきたのか、わかるようになっています。

盛岡にしても、どこに小さな川が流れていたか知れば、ああなるほどと思うことも、あるんだと思いますね。私もそうでしたので。

その土地土地の歴史や文化、地形や自然の特徴など、よく知っておくことは、無駄ではないと思います。むしろ、知らないといけないだろうなと。

釜石に住んでいた子供の頃に、遊んでいた山の中で、石碑を見つけたことがありました。あれは、津波の碑だったんですね。

思いがけず見つけたものではありましたが、子供心に、強く残りました。

私は田舎の歴史を、ご先祖様や両親からたくさん聞かされて育ったこともあって、妄想ではないリアルな世界を、肌に感じて育ってきました。

都市化が進んで、万能にでもなったかのような現代ですが、自然の中で生きていることに、間違いはないでしょう。

よく学びよく遊べ。それは、年を取っても変わらないかなと思いますね。大人になったからと言って、学びを忘れてはいけないと考えていまして、また(笑)新しいことを始めてみました。

過去を学び、今に活かす。そういう気持ちを忘れないためにも、これからも頑張らないとなと思います。

話がかなり逸れましたが^^;

盛岡駅を初めて訪れた頃、今みたいな近代感のある駅ではなかったなあと思います。電車の床は、木でできていたり。

また、盛岡に住み始めた頃に見た、盛岡ガス工場。河原で野球をしながら、ふと仰いで見た景色や、電車の車窓から見たものの記憶が蘇ります。

駅から離れますが、夕顔瀬橋は、違う形だったなあとか。懐かしいですね。

心の中にある思い出は、色褪せないようです。町は変わり、人も変わります。

それでも先を見て、歩いていきたいと思いますね。

詳しくは、リンク先・チラシを御覧くださいませ。

リンク:盛岡の古町名展番外編「盛岡駅かいわい」- 盛岡市先人記念館

盛岡駅かいわい
盛岡駅かいわい
開運橋

【盛岡市】盛岡の古町名展番外編「盛岡駅かいわい」@盛岡市先人記念館でした。それではまた、お会いしましょう^^

りんごの季節。





テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年12月12日 (火) | 編集 |


雪かきで、既に筋肉痛の方もいらっしゃるであろう、今日の盛岡です。結構降りましたね。

先月私が、福岡に行っている時にも降ったそうですが、相変わらずの晴れ男(笑)は、それを知らず。

私的(笑)今年初めての、本格的な雪に、少々戸惑っております^^;

そんな冬を迎えた岩手ですが、冬の果物と言えば、やはりりんごですよね。

私が子供の頃は、余裕のない生活でもありましたし、りんごは高級品でした。あまり食べた記憶がなくて。

今はまるで、当たり前のように手に入って、変わったものまで食べられるようになりましたが、感謝の気持ちを忘れてはいけないなと思います。

りんごを育てるのは、本当に大変ですものね。知っているだけに、ありがたくありがたく、いただいています。

りんごは、北の果物ということもあって、理に適っていると言えばいいでしょうか。体を温める効果があるそうで、まさに冬にピッタリの果物になりますね。

その季節、その土地で、昔から育てられ、食べられてきた。歴史というものには、必ず理由があるものですね。

わかった上で食べるのは、更に美味しさが増すような気がします。

そんなりんごですが、現在イベントの最中です。岩手アップルⅡweeks2017と言うそうですね。

チラシの曜日が、ん?でしたが^^; 12月14日の、木曜日までやっています。

JA全農いわてと岩手県、JR東日本の共同開催イベントでして、盛岡駅の構内店やフェザン、ホテルメトロポリタン盛岡で行われています。

福田パンの県産りんごサンドや、ベアレンのイングリッシュサイダーに、心惹かれます^^

りんごの料理も、興味深く。何か自分で作ってみようかな?と思いますね。

お土産も、たくさんありまして。りんごゼリーや、りんごどら焼きに、焼きりんごパイ。ああ、お腹すいた(笑)

もちろん、そのままの新鮮なりんごも、美味しいですよね。それも買えますよ^^

12月14日の木曜日には、盛岡駅2階北側コンコースで、「いわて冬恋day」記念イベントも開かれます。

冬恋は、岩手生まれの品種である「はるか」を、光センサー選果機にかけて、「糖度15度以上、蜜入り指数2.5以上」の条件をクリアしたものだけに、与えられる称号です。

この貴重な冬恋プレミアムBOXが販売されますので、行きたいけど行けないので^^;

どなたか、是非ご購入いただければと^^

今年の冬は、寒いようです。中からも温められるように、りんご。おすすめです。

詳しくは、リンク先・チラシを御覧くださいませ。

リンク:岩手県産りんごの魅力を伝えるフェアを12月1日(金)より開催中! - トピックス

岩手アップルⅡweeks2017
岩手アップルⅡweeks2017
岩手アップルⅡweeks2017
岩手アップルⅡweeks2017
「いわて冬恋day」記念イベント

【りんご】岩手アップルⅡweeks2017開催中です!「いわて冬恋day」記念イベントも。でした。それではまた、お会いしましょう^^

ゴールデンデリシャスと、スターキングの交配品種。はるかのプレミアム、冬恋を是非。





テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年12月09日 (土) | 編集 |


日に日に寒さを感じるようになってきた、盛岡です。

お風呂に入っていると、夜の空を翔ける白鳥さんの鳴き声が聞こえてきます。そんな時、なんとも言えない気持ちになりますね。

朝はまた、白鳥さんの鳴き声で目覚めます。ああ、冬なんだなあと思う瞬間ですね。

予約投稿ですので、どんな天気で推移しているか、ちょっとわかりませんが、現時点での予報では、曇時々雪で、最高気温は2度。

まさに冬ですね。

第31回氷上フェスティバル~岩手県営スケート場まつり~が開催されます。

日時:2017年12月9日(土)10時から20時まで
場所:岩手県営スケート場

足が悪いこともありまして、ウィンタースポーツは、できる状態にないんですが、シュワーっと滑ってみたいなあと、ちょっとだけ(笑)思います^^

31回目を迎えた氷上フェスティバルですが、前に行った時は、たくさんの人でしたね。今回もきっと、盛況だと思います。

入場料・貸靴が無料になっていまして、少人数になりますが、体験レッスンも受けられます。

初心者の方は、周りに気をつけながらになりますが、氷の上に乗ってしまえば、なんとかなるもんです(そうか?^^;)

今回は、地元のゆるい方々^^も、続々参戦(笑)

撮影会も予定されているようですので、ご当地キャラと写真を撮りたい方は、行ってみると良さそうです^^

寒くなると、運動不足になりますね。それでも、体を動かしませんと、私のようなおじいちゃんは、どんどん固まっていくばかり^^;

怪我をしないように、体を動かしていきたいですね。

イベントの詳細は、画像をご覧くださいませ。

第31回氷上フェスティバル~岩手県営スケート場まつり~

【盛岡市】第31回氷上フェスティバル@岩手県営スケート場は、本日開催。でした。それではまた、お会いしましょう^^

盛岡駄菓子。懐かしい味です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金田一製菓の盛岡駄菓子詰合せ
価格:2268円(税込、送料別) (2017/12/7時点)






テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報
2017年12月07日 (木) | 編集 |


超亀更新で、なんですが^^;

先月末に、一年二ヶ月ぶりの、福岡出張がありました。

仕事をお願いされておりましたが、いよいよ完成ということで。ほぼ(笑)夜の翼に乗って、福岡の町に降り立ったのでした。

047_20171207161838910.jpg

微力ですが、岩手と福岡をつなぐ、架け橋になれたかなと思います。岩手に残って、本当に良かった。そうでなければ、そんな出会いもないし、この仕事もありませんでした。

転勤が嫌で、岩手を離れないように見えることから、相当いろんなご意見をいただきました。

私の身の上を考えれば、実際はそう言う理由ではないんですが、説明するのは面倒です^^;

ただ、離れてみてわかることってあるんだと思います。

揶揄した人は今、何をしているか知ってるだけに、人のことより自分のことなんだよと。

そう思うわけです。人それぞれなんですよね。

仕事は続いていくので、来年にはまた、訪れることになるでしょう。ご尽力いただいた皆様に、感謝ですJAL

仕事は出来上がっていたこともありまして^^ 一週間ほど滞在しましたが、ほとんど観光酒飲み大食らい(笑)

大相撲九州場所も、おかげさまで見ることができました。岩手県出身者の、大応援団を形成しまして(笑)

錦木関に声援を^^ 

たぶん中継では、私の大声が(笑)入っていたと思われます(笑)

そんな遊興三昧な旅人(笑)の生活を続けていた中、佐賀では、サガン鳥栖とジュビロ磐田の試合があるなということで。

福岡から、電車ですぐなんですよね、佐賀。

で、朝からいそいそと準備をしまして^^

行ってきました、ベストアメニティスタジアム。

聞いてはいましたし、ぐぐるまっぷ(笑)でも確認していましたが、本当に駅の前。驚愕でありました。

ベストアメニティスタジアム

こういうアクセスの良さが、重要だなと思います。福岡で言えば、いろいろあるようですが、福岡空港は本当に便利ですしね。

全国あちこちに行ってきましたが、こんな楽な空港もありませんからね。岩手は広くて、様々なんですが、遠くからのアクセスの悪さをカバーできる、うまい方法を考えないといけないよなあと、余計なことを考えました^^;

そして、スタジアム周辺をぶらついて、グッズを買って^^

ホーム最終戦の、ベストアメニティスタジアムは、一万六千を超える大観衆。写真やら動画やらを撮りまくりまして^^;

ベストアメニティスタジアム

帰ってきてから、子供に見せました(笑)いつか、一緒に行けたらいいなあと。

試合展開は、序盤はホームサガン鳥栖が厚みのある攻撃を仕掛けますが、徐々にビルドアップが難しくなっていく印象。最終ラインでボールを回しては、パスの出しどころを探りますが、さすがJ1最少失点を誇る、ジュビロ磐田。

ブロックを作って、そうはさせません。ファーストディフェンダーが効いている印象もあり。

イバルボ選手が下がってきて、ドリブルを仕掛けますが、挟んでナイスディフェンス。そんなシーンが、何度もありました。

ホームのサガン鳥栖は、うまくはめられた感じで、終わってみれば、ジュビロ磐田の完勝だったような感じでした。totoの予想は、あたり(笑)

ジュビロ磐田中村俊輔選手

ベストアメニティスタジアムは、見やすいスタジアムでした。国内最初の純鉄骨造りの観覧スタンドだそうで、端っこの方にいても、きちんと試合が見えます。

来年も九州訪問があると思うので、うまく日程が合ったら、レベスタのアビスパ福岡の試合も含めて、両方観戦したいなあと、そんな欲が出てきました。

帰りは激混みでしたが^^; 特急に乗らず、普通電車で車窓の景色を眺めながら、ゆっくり帰りました。

素敵な体験で、とってもいい思い出になりました^^

ありがとう!九州。また行きます。みんな、待っててね。

【サッカーを見てきました】サガン鳥栖対ジュビロ磐田。でした。それではまた、お会いしましょう^^

のだめカンタービレでお馴染みの^^ 博多通りもん。本当に美味しいんです♪
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【明月堂】博多通りもん 32個【九州博多土産】
価格:3920円(税込、送料別) (2017/12/7時点)






テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
2017年11月21日 (火) | 編集 |


まさかの積雪の朝を迎えた、盛岡で書いています。

この記事が投稿される頃、岩手を少々離れた場所に行っていると思います。

気温を見ますと、12月下旬の感じでしょうか。気候変動があるにせよ、私が盛岡に住み始めた頃でも、チラチラと雪が舞うぐらいだったと思いますので、あまりに早いような気がしますね。

新聞記事にもなっていましたが、りんごの凍結の心配があるとかで。

今年は、日照不足などもありまして、農作物はあまりいい状態ではなかったかもしれませんから、これ以上の被害が出ないようにと。

前の冬は、気温が低くて、降雪が少なかったみたいですが、今年は平年並みだとかなんとか。

当たるも八卦、当たらぬも八卦みたいな感じだと思いますけど(すいません(〃▽〃))

人はただただ、それに合わせて生きていくだけなのでしょう。

もりおか冬事情~寒さと戦う・冬を楽しむ~が開催されます。

日時:2017年11月22日(水)~2018年2月12日(月·祝)
場所:もりおか歴史文化館2階企画展示室
時間:9:00~18:00(※入場受付は17:30まで)

※通常は有料ですが、例外がありますので、引用します。

・ 盛岡市内在住で65歳以上の方、小・中学生のうち盛岡市在住・就学の方は無料
・ 障がいをお持ちの方やその介護をなさる方(障がい者1人につき1人まで)は無料
・ 招待券をお持ちの方と同行の方1人までは無料

となっております。

明日からの開催に向けたような天気になりまして(゚∀゚)

チラシには、岩手公園の脇の坂に雪が積もり、そこをおそらく手作りなんでしょうね、そりで滑る子供達の姿が。

雪の少ない釜石で育ちましたが、この光景に、私と同じだなと^^ 思っていました。

当時は、「木」。何故か、あちこちに落ちていました(´∀`*)

それを拾ってきて、そりを作っていました。あれは、小学校3年生ぐらいだったと思います。

あまりよく滑らないので、蝋を塗ってみましたが、なかなか^^;

で(笑)竹スキー(知りませんか)を、釘で打ち付けまして^^

滑ってみますと、おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

いい感じなんです

まあしかし、子供のやることなんで、滑っているうちに、コースを外れ(*゚Q゚*)

近くの石に激突して、大破^^;

下半身が痛くて、ぴょんぴょんするの巻( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

でした(笑)

子供の冬の遊びは、随分変わったんでしょうけど、外でワーワー言いながら遊ぶのは、やはり楽しいかなあと思います。

岩手の冬は寒い。当たり前でありまして、それを受け入れて、楽しくたくましく生きる。

これまでもこれからも。ずっと変わらないでいれたらなと思います。

詳しくは、リンク先・チラシをご覧ください。

リンク先:もりおか冬事情~寒さと戦う・冬を楽しむ~ | もりおか歴史文化館

もりおか冬事情~寒さと戦う・冬を楽しむ~
もりおか冬事情~寒さと戦う・冬を楽しむ~

【盛岡市】もりおか冬事情~寒さと戦う・冬を楽しむ~@もりおか歴史文化館でした。それではまた、お会いしましょう^^

いかがでしょう?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

盛岡ドミニカン修道院特製の味ニックナック
価格:1620円(税込、送料別) (2017/12/5時点)






テーマ:岩手県
ジャンル:地域情報