【福田パン】三陸宮古至福のタラフライを食す!



我が子の優しさに触れた日。

二週間ほど前の話になりますが...。

一週間前の話もありますので、お聞きくださいませ🙇

休みの朝、遅く起きまして。階下に降りていくと、我が子が居りました。

「お父さん、これ食べてよ」と。

ん?

おー!これは!

宮古産マダラ使用の、「王子のぜいたく至福のタラフライ」を挟んだ、「タラフライパン」ではないですか!!!

三陸宮古至福のタラフライ

「もうすぐ終わりだって言うし、お父さん、食べたかったでしょ?」と。

(¯―¯٥)(笑)

優しいわが子よ!ありがとう!!!育て方が良かったんだな!(違うって^^;)

こんな極道親父のために、わざわざ...。

「あ、自分の分は、もう食べたから。」

なるほど(笑)君が食べたかったのね?(笑)

いやいや(笑)そんな、罰当たりなことを言ってはいけません!(お前がな)

ゴホン^^;

ゴールデンウィークに仲間が盛岡に来た際に、お店に行って食べたいねと話していたのですが、時間が取れずに、行けなかったんですね。

その後も忙しくて、なかなか行けずにいたものですから、これは本当に嬉しいです😊

愛する仲間よ、すまねえ^^;

代わりに食うぜ!!!

三陸宮古至福のタラフライは絶品!

まず、封を切って、お皿に乗せてみました(笑)

お皿に乗せたタラフライパン

入念な儀式です(なんだそれ)

どうしようかなーと思いましたが、初めての共同作業ではない(笑)ナイフの入刀(笑)をしてみることにしました🗡

ナイフを入れてみた、福田パン

おー。この厚み、重量感。福田パンの香りと、海の幸のミックスは、最高じゃないですか👍

いただいてみましょう^^

あー!感動(¯―¯٥)

福田パンのシンプルなコッペパンに、至福のタラフライ。あーもうダメ!

美味しいですねー。あっという間に、食べちゃいました(笑)

手元には、福田パンの袋が残されまして。ちょっと寂しいなあ...。

福田パンの袋

翌週は、デジャヴ?

翌週のこと。

休みの朝に、遅く起きまして。階下に降りていくと、我が子が居りました(同じじゃねえか)

ん?

「お父さん、また買ってきたよ。食べて。」

えーーーー!

三陸宮古至福のタラフライパンだけでなく、あん・バターまで、増えているじゃないですか!!!

三陸宮古至福のタラフライパン&あん・バター

ありがとう、わが子よ(¯―¯٥)

「あ、自分の分は、もう食べたから。」(笑)

同じ展開です(笑)デジャヴかと思いました(笑)

本当に嬉しいですね。こうやって、恵まれないジジイに(笑)

愛情を注いでくれる人がいることに、感謝の日々です。

タラフライパンは、6月末まで販売。

さて、タラフライパンですが、福田パン直営店では6月末まで、盛岡市の長田町本店、みたけ店、矢巾町の矢巾店で販売されるようです。

「タラフライパン」誕生 福田パン、コラボ商品限定販売 | 岩手日報 IWATE NIPPO

6月も半ばですから、是非お店に行って、その味を堪能してほしいなと思います。

【福田パン】三陸宮古至福のタラフライを食す!でした。それではまた、お会いしましょう^^

真崎わかめ。肉厚のわかめは、やめられません。毎日食べてまーす。




【一関市】没後80年 日本画家佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~が、一関市博物館で開催されています。



散歩に最適の、素敵な季節。暑くなるって^^;

散歩をしていると、一番いい季節だなーと思う時期になりました^^

やはり、萌える緑って、素敵ですね。心が洗われるような気がします。

週末から、どうやら30度超えの日が続くようで、ジジイは、戦々恐々ではありますが^^;

思えば、5月の末に、30度を超える日があるのは、珍しくなくなった気がしますね。

調べてみたら、2014年から2017年まで、毎年そうだったみたいです。去年はかろうじて、30度に届く日はなかったようで。

予報では、33度まで上がるかもしれないということで...。

だんだん、どこに住んでいるのか、わからなくなりますね^^;

こんな時は、潮風に吹かれてみたいですね。

我は海の子(笑)なんだなと、今でも思います。

冷風麺始めました(笑)

この言葉を使うだけで、盛岡暮らしも、長くなったんだなあと感じています。

没後80年 日本画家佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~が、一関市博物館で開催されています。

失礼ながら、勉強不足でして、佐藤紫煙さんについて、今まで何も知りませんでした。

博物館だよりvol.32 - 一関市

佐藤紫煙 :: 東文研アーカイブデータベース

佐藤紫煙(さとう しえん)とは - コトバンク

ネットで絵を拝見しましたが、引き込まれるような色と、描き出される絵の姿に、驚きを感じました。

作品の中から、愛らしい作品を選んで紹介しているそうで、花鳥画+愛らしいで、私好みだなと思いました^^

案内が遅れまして^^; 18、19日は、入館料が無料だったんですね^^;

生きる世界は違っていても、私のような者でも、努力を忘れてはいけないなと。

芸術作品を見る度に、そう思います。

会期は6月いっぱいまでですから、訪れてみてはいかがでしょうか。

会期:2019年4月27日から6月30日 9時から17時(入館は16時30分まで)※休館日は月曜。
場所:一関市博物館

イベントの詳しいことは、リンク先と画像をご覧ください。

リンク:「没後80年日本画家 佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~」開会のお知らせ | 博物館からのお知らせ一覧 | 一関市博物館

※画像を拝借しましたm(_ _)m
佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~
佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~

【一関市】没後80年 日本画家佐藤紫煙~愛らしき花鳥画~が、一関市博物館で開催されています。でした。それではまた、お会いしましょう^^

佐々木製菓の、クッキーみたいな南部せんべい。




【岩手県立美術館】タータン 伝統と革新のデザインに、行ってきました。



ご無沙汰しています(笑)

相変わらずの、亀更新ですが^^;

毎度毎度、枕詞が「ご無沙汰しています(笑)」ってのも、いい加減にしろって話ですが(笑)

ご無沙汰しています^^

新しい時代を迎えるのが、ゴールデンウィークでしたけど、私はいろいろな予定がありまして、充実した期間になりました。

自分の時間は、あっという間に過ぎていきますし、出来る限り、思ったようになったらいいなあと思う日々です。

岩手県立美術館 タータン 伝統と革新のデザイン。

時間が作れたので、岩手県立美術館で開催されている、「タータン 伝統と革新のデザイン」に、行ってきました。

チラシを見まして、タータンのアフタヌーンドレスに惚れまして^^

ぜひ、間近で見られたらなあと思っていました。

このドレスを、実際に見た感想は、ただただ、すごいなーでしたね。

タータンは、身に着けることで、その人の出自や所属を示すようになったものなんだそうで、スコットランド・タータン登記所には、8,000種類以上のデザインが登録されているのだとか。

今回、その一端に触れたわけですが、織物ってやはり、素晴らしいものですね。

歴史と文化は、継続なんだなと、改めて感じた次第でした。

今回の企画展には、フォトスポットがありまして。SNSでシェアしよう!って、ことでしたけど、私はブログで発信しました(笑)

フォトスポット

こんな素敵な、ソファがあったり。

タータンのソファ

このフォトスポットで、一枚の大きく長いタータンを、折りたたむようにしながら着せてくれる、実演がありました。

じっくり見させていただきましたが、昔の人の知恵は、本当に素晴らしいなあと思いました。

今回の企画展には、伝統と革新のデザインという表題が付いていますが、本当にそうでしたね。

いいものを、見させていただいたなと。感謝の気持ちでいっぱいです。

この企画展は、以下のスケジュールで開催されています。まだもう少し、見られる機会がありますので、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

会期:2019年4月13日(土)から5月26日(日)
会場:岩手県立美術館 企画展示室
開館時間:9:30から18:00(入館は17:30まで)
休館日 :月曜日

イベントの詳しいことは、リンク先と画像をご覧ください。

リンク:タータン 伝統と革新のデザイン | 展覧会-企画展 | 岩手県立美術館

※画像を拝借しましたm(_ _)m
】タータン 伝統と革新のデザイン
】タータン 伝統と革新のデザイン

【岩手県立美術館】タータン 伝統と革新のデザインに、行ってきました。でした。それではまた、お会いしましょう^^

素敵なタータンのマフラー。




【盛岡ぶらぶら】岩手公園から、もりおか歴史文化館へ。雨に濡れたシダレザクラ。



新しい時代へ。

真冬のような寒さを抜けて、少し暖かくなってきた今日は、ようやっと春がきたのかなと思うような日になりました。

平成はもうすぐ終わりですから、この30年ほどの間のことを、つらつらと思い出していました。

昭和の時代から盛岡に住み始めて、平成の時代は、忙しく仕事をしていたんだなあと。

岩手の出身で、地元に戻って仕事がしたい方が多いことを知って、自分ができることはなんだろうと思いました。

会社を大きくして、戻ってこられる人を増やしていけたら素晴らしいなと考え、一層仕事に邁進した時代が、自分にとっての平成だったかもしれません。

自分が思ったように、ある程度出来たと思っているので、こんな自分でも少しは役に立てたとすれば、嬉しいことだと思います。

平成の時代は、災害の時代でもありました。

自分もいろいろなことがありましたが、日本という場所に住んでいるのを、忘れていたのかもしれません。

様々な経験を出来る限り、次の人達に教えていく。それが、繋ぐと言うことなのでしょう。

江戸時代の儒学者に、荻生徂徠という方がいました。

彼は、「米は米にて用に立ち、豆は豆にて用に立ち申し候」という言葉を残しています。

どんな人でも、何かしらの役に立っているものだと思います。

いろいろな理由で、人に嫌われることがあるかもしれませんが、別の人からは、愛される存在になるかもしれません。

人とは、そういうものなのでしょう。

これから、新しい時代を迎えます。

景色は変わり、人の姿も随分変わったように感じます。

そんな中でも、自分は自分を変えず、また先に進んでいくのだろうなと思っています。

岩手公園のシダレザクラ。

今日は晴れているわけですが、先日行った岩手公園のシダレザクラが綺麗でしたので、少しアップしたいと思います。

美しい姿に、惚れ惚れ。 岩手公園のシダレザクラ

石垣と桜。

上へと足を進め、ふと見上げると。まだ、桜の姿を見ることが出来ました^^

石垣と桜

もりおか歴史文化館のシダレザクラ。

歩いて移動して、もりおか歴史文化館に来てみると、ここにもシダレザクラがありました^^

DSC_0148.jpg
DSC_0150.jpg

モリオカシダレを見ながら、夢を見て。

近くのモリオカシダレは、もう葉っぱの姿が多くなっていました。風雨で、写真が^^;

モリオカシダレ

私は、シダレザクラが好きなのですが、願わくば、モリオカシダレでいっぱいの盛岡が見たいなと思っています。

そんな日を夢見て。

【盛岡ぶらぶら】岩手公園から、もりおか歴史文化館へ。雨に濡れたシダレザクラ。でした。それではまた、お会いしましょう^^

石割桜の酵母を使ったバゲットは、いかがでしょう?^^




【盛岡市】第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展。



次へ。

急に暑く^^;なりまして。

木曜日に書いていますが、朝晩の気温差に、うへー^^;となっております。

よく通りかかる公園を見ると、若いお母さんと小さな娘さんと、まだヨチヨチ歩きのお子さんがいました。

暖かくなって、お散歩に来たんだなあと。

自分の年を考えると、孫が居てもおかしくないですし、あ^^;

ひ孫が居ても、おかしくないかな^^;

( ̄-  ̄ ) ンー^^;

小さなお子さんを見ながら、繋いでいっているんだなと思いました。

人口減少社会が言われている昨今、自分に何が出来るのかな?と、しばし考えていました。

第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展

第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展が開催されています。

日時:2019年4月17日(水)から4月21日(日)まで
※10時から17時 最終日は15時まで
場所:岩手県民会館第1・2展示室
入場料300円

復興への思いから、パッチワークキルトを愛する県内のメンバーが集結し、スタートした展示会なんだそうです。

今回が、ひと区切りになるのだとか。本当に、お疲れさまでした。

入場料と収益金が、全て「いわての学び希望基金」に寄付されるようでして、4回めまでの寄付金は、780万円を超えるものになっているのだとか。

ありがたい活動で、人の気持ちに寄り添うことや、忘れない気持ちを感じます。

あの頃、当時の法律の不備を突いて荒稼ぎした者や、すぐに撤退したりする者を見てきましたから、本当に素晴らしいと思います。

ジジイである私は、残り少ない人生との戦いになるのがわかっているので、大きな事はできませんし、することと言えば、人知れずのことになっています。

ほんの少しだけ、オープンにしてみようかな?と言う気にもなりますが、時期ではないかも知れませんし、仲間集めがしんどいのもあって、細々と。

そんな感じです。

ものづくりをされている方って、素晴らしいですね。

ひと針ひと針に 思いを込めて。

本当にそうなんだろうなと思うと、自然に、じわっと来ますね^^;

お天気はいいようなので、こちらの展示会に行って、作品の素晴らしさ、人の心の温かさに触れて欲しいなと思いました。

イベントの詳しいことは、画像をご覧ください。

※画像を拝借しましたm(_ _)m
第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展
第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展

【盛岡市】第5回[最終回]東日本大震災/岩手復興支援チャリティー パッチワークキルト展。でした。それではまた、お会いしましょう^^

古代型染の、花瓶敷き。素敵ですねー。